本文へスキップ

新しい視点でグローバル人をバックアップする リーガル翻訳事務所

戸籍法に基づく届出の戸籍謄本の翻訳

氏の変更:戸籍法107条4の届出のの戸籍謄本の翻訳

戸籍法第百七条の4の記述は、「第一項の規定(やむを得ない事由によって氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。)は、父又は母が外国人である者(戸籍の筆頭に記載した者又はその配偶者を除く。)でその氏をその父又は母の称している氏に変更しようとするものに準用する。」とあります。 これは、家庭裁判所の許可を得て、子供の氏を外国人の父又は母の氏に変更する場合などに適用されます。「【氏変更の事由】戸籍法107条4の届出」を英訳すると、(Reason for change of family name: Notification in accordance with Article 107-4 of the Family Registration Law) となります。